« 2010年5月 | メイン | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月15日 (火)

6月13日礼拝メッセージ「御霊による主イエスの祈りと働き」

ハレルヤ!

6月13日は「御霊による主イエスの祈りと働き」と題して、マルコ1:32~38,ルカ5:12~16,5:12から御言葉を学びました。

主イエスは神の御子であるにもかかわらずその力をわざわざ控えて、一人の赤ちゃんとして生まれ、育ちました。また私たちに模範を示すために人間として30才の時洗礼を受け、神の聖霊に満たされて働きを始めました。

絶えず祈りながら、父の御こころだけを語り、御こころの御わざだけを行いました。私たちが主イエスに従いやすいようにそうされたのです。

さて、日が沈み、仕事が終わった人々が家族や近所や友だちの中から病人たちや悪霊に憑かれた人々を、ペテロの家に宿泊している主イエスの御もとに連れてきました。いやしてもらうためでした。

主イエスはキリストとして病気をいやし、悪霊を追い出す権威を持つだけではなく、御子として罪を赦す権威を持っておられました。

キリストである主イエスが天から地上に来られ、福音を宣教し始めたことは神の国の到来を意味していました。神の国とは神の支配のことです。

神の国に罪や病気はなく、悪霊もいないことから、罪の赦しと健康と自由という神の御lこころをこの地にもたらしておられたのです。

続きを読む »