« 2010年7月 | メイン | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月15日 (日)

8月15日の礼拝メッセージ「弟子の生き方:自分の十字架を負って主に従う」

ハレルヤ!暑さがキツいですがお元気ですか。暑中お見舞い申しあげます。

宮下牧師の母親の手術と癒しのお祈りに感謝します。驚くような快復ぶりでした。教会の皆さんのお祈りに「お礼を言っておいてね」と伝言を頼まれました。主が癒してくださいました。ハレルヤ!

さて、「主イエスの弟子の生き方:自分の十字架を負って、主イエスに従う」と題して、ルカ9:23~26と14:25~27を中心に、マタイ10:38,16:24,マルコ8:34,ヨハネ19:17,ガラテヤ1:4,5:24,Ⅰペテロ2:24,ピリピ2:8から御言葉を学びました。

主イエスがペテロをどう取り扱われたのか。弟子としての優先順位について学びました。

主イエスは病気を癒し、悪霊を追い出し、福音のメッセージを大胆に各地で語り巡りました。当初は、ご自分がキリスト(メシア)であることを口外しないように命じました。主イエスはキリストとして、十字架で全人類の罪を背負って血を流し、死ぬために天から来られました。十字架の贖いで全人類を救おうとの神の一大計画を誰にも邪魔されたくなかったのです。主イエスは一歩ずつご計画を実現して行きました。

特に、ペテロが信仰を告白した後、ご自分の十字架の受難を始めて語り始めました。勿論ペテロは理解出ずに、主イエスから叱られて大目玉を食らいました。

主イエスは信仰のない群衆に病の癒しと悪霊の追い出しを見せ、福音を聞かせました。しかし、一般の人々や信仰を告白していない人々には裏切られ、十字架で殺される受難の話しは早過ぎます。だから決して話しませんでした。

私たちが伝道するとき、この順序は絶対に守るべきです。

続きを読む »