« 2010年8月 | メイン | 2011年4月 »

2010年9月

2010年9月20日 (月)

9月19日礼拝メッセージ「手紙と御言葉で励まされ、2チームで宣教旅行に出発」

ハレルヤ!猛暑がようやく過ぎ、涼しい風が吹くようになりました。皆さま、お元気ですか。

日曜日は以下のために祈りました。皆さんも是非祝福をお祈りください。

9月26日(日)2時「第4回子育てセミナー」有井克子先生(元公立小学校ベテラン教師、牧師の奥様、二人のお子さまは京大卒でクリスチャンホームを形成中)、0月3日(日)「神の恵みに溢れる教会生活:礼拝とセミナー」生嶋陸伸牧師(80才、宮下牧師夫妻の家族と教会のために毎日祈り、指導して来られた、日本で始めて千名会員を達成、各教団教派の牧師のためのセミナー講師)、10月22~24日「関西フランクリン・グラハム・フェスティバル」(大阪城ホール、1万名)、11月14日(日)「聖霊のバプテスマと教会生活:礼拝とセミナー」安藤和子博士。

さて、礼拝は「手紙と預言の言葉に励まされ、2チームで宣教旅行に出発」と題して使徒15:30~41から御言葉を学びました。

律法の行いではなく「恵みによる救い」「信仰による救い」の趣旨を徹底させるために、エルサレム教会はバルナバとパウロにアンテオケやシリヤ、キリキヤの異邦人の諸教会宛の手紙を持たせ派遣しました。

モーセの律法によっては解放される(義とされる)ことのできなかったすべての点について、信じる者はみな、この方によって、解放される(義とされる)のです。」(使徒13:39)

異邦人のままでも主イエスを信じるだけで救われると言う「信仰義認」の大原則が明確にされたことで、異邦人が多いアンテオケ教会は大きな励ましと慰めを体験し、人々の間に喜びが沸き起こりました。

そして、預言者ユダとシラスによる福音の言葉と預言的な言葉によって教会は大いに励まされました。

続きを読む »

2010年9月 2日 (木)

8月22日の礼拝メッセージ「一大転機:エルサレム教会会議」    

ハレルヤ!猛暑が続いています。こんな時は十分な睡眠と水分を取り、扇風機やクーラーを惜しまないようにと言われています。皆さま、お元気でご活躍くださいね。

久しぶりに東京の聖書教会に通うW兄が午後来訪されました。来週は聖餐式礼拝です。大阪市内の公立学校は9月1日から2学期が始まります。

先週22日の礼拝は「一大転機:エルサレム教会会議」と題して、使徒15:1~32から御言葉を学びました。

主イエスの福音が宣べ伝えられ、救われる人々が起こされると、キリストの教会がエルサレムの周辺から世界中に誕生し、発展して行きました。

しかし、教会が使徒たちなどユダヤ人クリスチャン(現在ではメシアニック・ジュー)から始まったために、またエルサレムが神殿を中心としたがユダヤ教の聖地であったために、さらに旧約聖書に厳格なパリサイ派出身のクリスチャンがたくさん救われたために最大の危機が訪れました。

現代のプロテスタントの教団教派間の神学的な論争と言うものではなく、福音の真理から逸脱する異端の教えが根強く広がっていたのです。

あるパリサイ派出身のクリスチャンたちが、異邦人クリスチャンは割礼を受け、モーセの律法を守り、自分の民族を捨て、ユダヤ人(ユダヤ民族の一員)にならなければ救われないと言い始めたのです。そこで大論争の末に、この教会会議で民族主義的な異端との決別が明確に確認され決定されました。

主イエスの命令に従って世界宣教を目指すキリスト教会にとって一大転機となる会議でした。

聖書によれば、神は全世界を造られ、すべての人を愛しておられます。そしてすべての人を救うために神の御子イエス・キリストをこの世界に遣わされました。

ですからどんな人でも、つまりどんな宗教の信者でも、あるいは無神論者でも神は愛しておられます。神に愛されていない人間はこの地上に一人も存在しません。

続きを読む »