2010年4月28日 (水)

4月25日礼拝メッセージ「神の視点:高価で尊く、愛されている」

ハレルヤ!

皆さんのお祈りによりまして「第2回子育てセミナー」が祝福されました。有難うございました。

有井克子先生は高槻市立小学校での元ベテラン教師として、また京大卒の二人の男の子を育てた母親として、牧師の妻としての豊富な体験から語ってくださいました。一つの質問に10位の答えをお持ちのお方です。

先ず親であるお母さんが創造主の神様を信じ、神様と向かい合い、平安と喜びに満ちた明るく輝いた生活を送ることを何度も説かれました。

生活の優先順位として、神様を第一、自分を第二、配偶者を第三、第四が子どもや親であることを今回も強調されました。

さて、礼拝では「神の視点:高価で尊く、愛されている」と題してイザヤ書43:1~7とガラテヤ2:20から御言葉を学びました。

私が23才の時に体験し、その後も引き続き体験を深めている神の恵みに対して語りました。

続きを読む »

2010年4月21日 (水)

4月18日礼拝メッセージ「良い地に落ちた種」

ハレルヤ!

3月から来日していたアンティが20日ハワイに帰りました。来週25日は「第2回子育てセミナー」です。主イエスが人々を集め、有井克子先生を用いてくださるようにお祈りください。

さて、「良い地に落ちた種」と題して、マタイ13:1~23と最近ズーッと導かれているⅠペテロ3:9から御言葉を学びました。

主イエスは霊的に無知・愚かになっている民に生活の卑近な例をあげて例えで真理を語ります。なぜ例えで語ったのか。例えなら聞く人にイメージが沸いて印象に残るから。また神の御心、主イエスの真意を求める人には信仰に関する大切な教えが見えてくるからです。

神の御言葉の種は既に私たちの心に蒔かれています。

ですから当然、御言葉を聞く態度、自分の生活に適用し、取り入れる態度が結果の違いを決めます。

当時のイスラエルの農業の仕方は最初にコムギの種をパーッと蒔いて(あるいはロバの背に穴の開いた袋を乗せてロバを引きながら種をパラパラと落とし)、後からクワを入れて土をかぶせます。

現代のわれわれ日本人の集約農業の視点から考えると2千年前の原始的な農法では多くの種は無駄になり、効率は悪い。

ところが当時はこれが一般的で最高の農法であった。

続きを読む »

2010年4月20日 (火)

4月11日礼拝メッセージ「信じる者は解放されるが、いつまでも恵みに留まれ」

ハレルヤ!

聖餐式を行いました。

10周年記念の御言葉の「しおり」と個人の「証」(400字前後)の原稿を募集しています。25日(日)が一応の締め切りです。

さて、「信じる者は解放されるが、いつまでも恵みに留まれ」と題して、使徒13:13~16,38~43と主が最近導いている「あなた方は祝福を受け継ぐために召された」というⅠペテロ3:9と「迫害する者を祝福しなさい」というローマ12:14から御言葉を学びました。

パウロとバルナバはキプロス島から現在のトルコ、当時のピシデヤ州の中心都市アンテオケに行きました。安息日に会堂に入り、礼拝を捧げました。福音宣教のチャンスを祈っていただろう。

旧約聖書の朗読の後、パウロに説教の要請が来ました。エルサレムの当代きっての律法学者ラビ・ガマリエルの門下生として学び、パリサイ人となり律法学者の一人として説教の資格を持つパウロはユダヤ教の説教法である三段構成で、しかもギリシャの雄弁術に基づいて立ち上がって手を振り、皆の注意を引き付けながら説教を展開しました。

続きを読む »

2010年4月 5日 (月)

4月4日イースター・お花見礼拝メッセージ「そこで会えるのです」

ハレルヤ!

イースター・お花見礼拝に対する皆さまのお祈りとご協力有難うございました。

春の暖かい日差しで汗ばむほどの快晴の中、薄いピンク色に染まった満開の桜の花の下で、吹田市中の島公園で礼拝が持たれました。

讃美と御言葉と持ち寄りランチと交わりを主が祝福されました。アンティーも来日してから3回目の礼拝参加でした。来週は聖餐式を行います。10周年記念のために証をお願いします。

さて、「そこで会えるのです」と題してマタイ28:1~10と引き続きⅠペテロ3:9から御言葉を学びました。

当時の最高権力者たちへの恐怖心で逮捕され十字架にかけられて処刑された主イエスを見捨てて逃亡した弟子たちが、死から復活した主イエスにガリラヤ湖畔で再び出会えることを女の弟子たちに天使と主イエスご自身が伝えた出来事が描かれています。

イエス・キリストがBC4年頃生まれ、AD30年頃に十字架で刑死したことは歴史的な事実です。世界中の教科書に載っています。

そのイエスが全人類の罪のために代表として裁きを受けて死んだこと、つまり全ての時代の全ての人の全ての罪の罰を一身に受けて死なれたこと、また私の個人的な罪の身代わりに死んで三日目に墓から復活した出来事は聖書によって福音(Good News、良い知らせ、喜びの訪れ)と呼ばれています。

ですから、誰でも心を開いて、イエス・キリストの十字架と復活を「我がためなり」と信じる者は必ず救われます。

続きを読む »

2010年3月25日 (木)

3月21日礼拝メッセージ「神はあなたを祝福される。祝福を流す管となろう:聖書の繁栄の法則」

ハレルヤ!お久しぶりです。皆さまお元気ですか。

3月22日(月)の「演歌セミナー」が祝福され、新しい方も参加し、ロサンゼルスぶどうの木国際教会牧師の上野五男先生の歌と証を通して福音が届けられました。皆さまのお祈りとご協力有難うございました。共産主義の理想を求め高校時代に学生運動に没頭したが、路線対立から内ゲバの死闘の中で人間の醜い罪の現実に絶望したそうです。そこで教会に行き、人間の罪を赦し、新しく生まれ変わらせてくれる主イエス・キリストに出会ったそうです。

さて、礼拝は「神はあなたを祝福する。祝福を流す管となろう:聖書の繁栄の法則」と題して関連するたくさんの御言葉から学びました。

「祝福」と言う言葉はもともと日本語にはなく、キリスト教専門用語として定着してきた。神がご自分の民をあらゆる領域で恵むことで、神に特別に扱われること。神の祝福によって選ばれ、救われ、導かれる神の民を貫く特徴。手を置いて、神のものと肯定し、宣言する意味もある。多くの場合、霊的な祝福と共に物質的な祝福を含む。神の祝福は必ず変化を伴う。数量が増え、質的に良くなり、家族や友人や力や知恵や良い評判や冨が与えられ、必要な物が備えられ、生きる使命や目的が与えられ、救われ、いやされ、きよめ続けられ、他人に分け与える余裕ができる。Ⅰ

続きを読む »

2010年2月24日 (水)

1月17日の礼拝メッセージ「御言葉が広まるとは」

ハレルヤ!

遅くなり申し訳ございません。

2月28日は2時から「子育てセミナー」です。祝福をお祈りください。ランチはありません。

1月17日は阪神・淡路大震災(19995年1月17日午前5時46分52秒、M7.3で死亡者6,434名と負傷者43,792名)から満15周年。中南米ハイチでの大地震の被災者20万人以上の救出と復興のため皆で祈りました。

さて、礼拝では「御言葉が広まるとは」と題して、使徒12:24,13:1~3から御言葉を学びました。

12章では使徒ヤコブは殺害されたが、使徒ペテロは奇跡的に脱出できたこと。またローマ帝国の総督ヘロデ王は傲慢のゆえに死んで政権が交代したが、「主の御言葉」は拡大していったことが記されていた。これはヨハネ黙示録のテーマである「世界最強のローマ帝国もいつか滅びるが、キリストの教会は永遠に不滅である」とつながっている。

「主の御言葉」とは、「主の福音のメッセージ」のこと、つまり「私たちの主イエス・キリスト」ご自身のこと。

「主の御言葉」はキリストの教会を通し、主イエスの弟子たちの毎日の生活によって、どんなに大勢の人々に伝わっていったか。想像するとワクワクする。

続きを読む »

2010年1月28日 (木)

1月10日礼拝メッセージ「政治の変化と主の御言葉の拡大」

ハレルヤ!

3日午後、第1回プランニング会議を行いました。

今年も聖霊様の働きによって「主イエスの十字架が私の罪の身代わりだった」という聖書の中心的なメッセージが皆さんにさらに深く啓示されますように。

神の愛と赦しと恵みの圧倒的な素晴らしさにさらに目が開かれますように。

毎日の各自の「デボーション」と毎週の公同の「礼拝」と定期的な「聖書の学び」・「セル」を通して「御言葉の原理」が生活のあらゆる領域にまで浸透しますようにお祈りします。

さて、10日は使徒12:20~25から御言葉を学びました。

長年ツロとシドンの町は、カイザリヤの総督官邸に住むヘロデ王から食料を調達していたが、ある時から不仲になり購入を取り止めていた。

ところが、当時パレスティナ一帯を飢饉が襲ったために、ツロとシドンの町はあわてて代表団を派遣した。

ヘロデ王は「皇帝誕生日」に彼らと和解し、食料貿易の再開を約束した。ここに何らかの政治的、経済的裏取引があったであろうことは想像に難くない。

続きを読む »

2010年1月26日 (火)

2010年1月3日の礼拝メッセージ「時代の大転換を生き抜く聖書の原則」

ハレルヤ!新しい年も一ヶ月が経とうとしております。皆さまお元気ですか。大変遅くなりましたことをお許しください。

始めに伝道集会の予定をお知らせいたします。祝福をお祈りしてくださり、またお友だちを誘ってご参加くだされば幸いです。2月28日(日)午後2時から牧師宅、元小学校教師で二人の息子さんを京大に入れた有井克子先生による「子育てセミナー」、3月22日(月・祝日)午後6時から島頭会館でロサンジェルスから上野五男牧師先生による「演歌セミナー」。

さて、1月3日の礼拝メッセージです。暦は人間が農耕・祭事などのために編み出したもの。神が造られたときから、時は始まり、休むことなく刻み続け、やがて終わる。聖書の時間の概念、歴史観はこのように一直線。始まりがあり、終わりがある。私たちは一度きりの人生を生きる。一般の歴史だけではなく、神の救いの計画が実現していく救済史の中で生かされている。

先ず、絶対に揺らぐことのない神の言葉である聖書と聖書が説く三位一体の神に信頼を置かせていただこう。天地はいずれ滅びるから。主イエスはマタイ24:35で「この天地は滅び去ります。しかし、わたしのことばは決して滅びることがありません」と断言された。

続きを読む »

2009年12月24日 (木)

12月13日礼拝メッセージ「殺害直前での、奇跡的なペテロの解放パート2   」

13日は午後からクリスマス子ども会でした。

福音をクリスマス・ソングとゴスペル・ソング、ビデオやメッセージを通して伝えることができました。上新庄ネットを通して来られた一家族もありました。

夕拝はカナダから、米国長老教会の牧師を引退し、いまもアジア宣教を続けている82才のジム・ヒルズ博士が来てくださいました。

モンゴルの劣悪な刑務所への物質的な援助と宣教の証を交えて、ヨハネの黙示録7:9~10を通して御言葉を語ってくださいました。

イエスの十字架の血潮による罪の赦しを信じた私たちは、死んで天国に行ったらば「白い衣」を着て、世界中の様々な民族と共にイエスを礼拝する。

だから神の国の一員であることが第一で、日本人クリスチャンであることは第二であると大胆に語ってくれた。キリスト教はものすごい多様性があるが、イエスにあって一つであることを強調された。

ご高齢にもかかわらず熱心で福音的で実践的な信仰に感動した。その秘訣は主への堅い献身と、福音宣教への熱意、それに祈りであるとのこと。「先生のように年を取っても伝道の働きを続けたいな」と思わされた。

さて、礼拝は「殺害直前での、奇跡的なペテロの解放パート2」と題して、使徒12:1~19を通して御言葉を学んだ。

この箇所には3件の死の記述がある。

はじめに使徒ヤコブの突然の殉教。二番目に天使の超自然的な解放により死を免れた使徒ペテロ。三番目に死刑囚の脱獄・逃亡の責任を負ってペテロの身代わりに、処刑されたローマ兵の看守たち。

続きを読む »

12月6日礼拝メッセージ「殺害直前での、奇跡的なペテロの解放パート1 」

12月6日は聖餐式を行いました。午後はハワイから来日されているシンガーソングライターの森繁昇さんをお招きして「第9回クリスマス・ゴスペル・コンサート」を開きました。昨年並の人数でしたが、新しく来られた方々が主イエスに触れられたことに感謝します。

さて、礼拝では「殺害直前での、奇跡的なペテロの解放パート1」と題して、使徒12:1~19から御言葉を学びました。

ステパノの殉教に始まり、エルサレム教会の中でギリシャ語を話す国際派のイエスの弟子たちは迫害のゆえに、ローマ帝国内へ散らされ、避難した。

ここでは発展を続けるエルサレム教会の残りの人々、つまりへブル語を話すイエスの弟子たちのリーダーである12使徒への迫害が記事になっている。

まずヨハネの兄弟ヤコブがローマ総督ヘロデ王に狙い打ちされ殺害された。

次に、使徒ペテロが捕らえられ、投獄された。一番厳重な監視の下に置かれた。

神は教会の必死な祈りを聞かれた。ペテロの使命はまだ終わっていなかったようだ。

絶体絶命のペテロ。殺害予定の前夜、危機一髪の所、二本の鎖と四人一組の番兵から天使によって不思議に解放された。

人生の中には「上り坂」と「下り坂」、それに「まさか?」と言う坂があると言われる。

続きを読む »